中国経済クラッシュ目前

 三橋貴明の「新」日本経済新聞ゴールドメンバー講座『月刊三橋』のお知らせ

 FROM 三橋メルマガ事務局

『月刊三橋』とは、毎月1回、三橋貴明が最新のニュースについて肉声で解説する音声を、新聞や雑誌などのような定期購読の形式でコンテンツを配信するプログラムです。毎月1回、あなたのお手元に三橋貴明によるニュース解説音声をお届けします(配信は毎月12日前後になります。)

毎月の解説は、聴いていてわかりやすいインタビュー形式になります。次から次へと投げかけられる質問によって、三橋の分析が引き出されるだけでなく、ブログや本で書ききれなかったより詳細な解説や、マス媒体では言いづらい「ここだけの話」なども登場します。

三橋貴明は中小企業診断士で、企業分析の専門家でもあります。特定の立ち位置に立って、「これからの世界はこうあるべきだ」という理想論等を語ることはありません。数字や事実に基づき、現実を捉えていきます。また、歴史的な背景、経済学の理論、外交戦略の定石、多国籍企業の戦略など多角的な視点から、淡々と世界を俯瞰していきます。ですから、過去に何度も「経済常識」や「定説」の間違いを覆してきました。本プログラムを通して、マスコミが報じないニュースの裏側、カラクリなどについても結果的に知ることもあるかと思います。
 

これまでとは違った視点で社会を眺められるようになるかもしれません。

 

この講座が役に立つ4つの理由

 本プログラムは、ただのニュース解説には留まりません。ニュースという「ケーススタディ」を通して、歴史的な背景や、経済理論、三橋貴明の物の見方について学べること、しかも、時間の無駄なく効率的に学べること、さらに言うと楽しみながら学べることが特徴と言えます。主なポイントを整理すると、以下の4つになります。

理由1 圧倒的な知識量がコンパクトに

このプログラムは、一般的な見解はどういうものかを知るための「わかりやすいニュース解説」ではありません。最大の特徴は、三橋貴明が独自の視点で捉えた「ニュースの肝」を学べる点だと言えます。ご存じかもしれませんが三橋貴明は、圧倒的なリサーチ力と情報量、そして分析力で数々の「定説」を覆し、世の混乱を整理することで、皆様からご高評を得てきました。本プログラムでは、そうした三橋貴明の視点から整理された、ポイントの中のポイントを、 60~80分のオーディオ講座という形で、コンパクトに学ぶことができます。


理由2 難しそうなベーシックな理論も学べる

繰り返しになりますが、本プラグラムは、「わかりやすいニュース入門講座」ではありません。ほとんどの回で、各国の経済政策のバックボーンになっている経済理論や歴史などを踏まえた「骨太な」解説をしていきます。ですから、教科書で一から勉強するのが億劫な経済学の理論など、ベーシックな知識についても結果的に学ぶことができます。

 

経済学の理論そのものを教えるのが目的ではないので、詳細に解説することはありませんが、ニュース解説に必要な要点を解説していくため、必要最低限のことを学ぶことはできます。これにより、より骨太な「経済を読む眼力」が手に入りますから、あなたに大きな視点の変化をもたらすことでしょう。 同じものでも、モノの見方、解釈が変われば、その後の行動が変わります。広い意味で、有益な武器が手に入るものと思われます。

  

理由3 リアルな「世の中のしくみ」がわかる

このプログラムで得られるのは、本に書かれた知識だけではありません。社会や経済は、人間の意思や感情が動かすもの。三橋の経済解説は単なる数字や理論の解説に留まらず、背景にある人々の感情、恐怖や怒り、憎しみ、悲しみなどにも及びます。こうした「生身の経済」を学ぶことで、人がいかなる力学で動くの か、リアルな実態について考察を深められるようになるでしょう。また、これまでより社会が動くメカニズムを身近に感じられるようになるでしょう。この点でも、あなたに大きな視点の変化をもたらせると思います。

 

理由4 どこでも、何度でも学べる

オーディオの良いところはデジタル・オーディオプレーヤーなどに入れて持ち運べるところ。通勤途中に駅まで歩きながらでも学ぶことができます。しかも、オーディオは「反復学習」に効果的。本なら2度、3度と読みなおすことは稀ですが、オーディオなら繰り返し聞いても楽しめます。どこでも聞けて、繰り返し学べる。結果、より学習効果が高まるというのも、このプログラムの特徴です。


以上、4点が、このプログラムの主な特徴です。もし、お役立ていただけそうなら、今なら特別価格でお試しいただけるので、お試し受講してみてください。以下、プログラム受講に関する概要などです。 
2015-10-15 17:29:55  38news_product_bk_ed.jpg

         

      ・発売元:経営科学出版 

 

 

30日間の品質保証

 最初の1ヶ月、お申込みから30日間は、返金保証がついています。2ヶ月目以降は正規会員に自動的に移行し、月額1980円(税別)がかかります。

30nichihosho.jpg

初月号は30日返金保証があります。つまり、「月刊 三橋」の内容を実際に自分で確かめてから、決めればいいという事です。それでももし、「自分には合わない」と思われた方は、お申込みから30日以内の返金保証期間中であれば、初回料金1980円(税別)を返金いたしますので、その旨をカスタマーサポートまでご連絡ください。

その後特にご連絡いただかない場合、2ヶ月目以降は正会員に自動的に移行します。ですが、もしあなたが、何らかの事情で途中で辞めたくなったら、いつでも辞めることが出来ます。何ヶ月続けなければいけない、という義務はありません。保証期間中に「合わない」と思われた方は、お申込みから30日以内であれば「キャンセル」して、返金保証を受けることができますので、その旨をカスタマーサポートまでご連絡ください。 

【カスタマーサポートの連絡先】 

  1.メールでの連絡:support@keieikagakupub.com(24時間受付) 
  2.FAXでの連絡:06-6268-0851(24時間受付) 
  3.電話での連絡:06-6121-6211(平日10時~17時受付)  ※2営業日以内に返信がない場合は、FAXかお電話でお問い合わせ下さい。

もちろん、何らかの事情で途中で辞めたくなったら、いつでも「中途解約」が可能です。何ヶ月、続けなければいけないという義務はありません。(ただし、12ヶ月以上の継続を「推奨」します。義務は一切ありません) 

 
今スグお試しください…

 今、私たちの周りには情報が多すぎます。一般的なニュースから、ビジネスチャンスの話から、最近の技術の話まで。特にインターネットが普及して からは、毎日のように新しいものが流れてきます。しかし、そのほとんどは必要のない情報です。そうした情報に惑わされないためには、何がキーなのかを知り、見抜いていくこと。 


今日は【三橋貴明の「新」日本経済新聞】ゴールドメンバー講座『月刊三橋』を30日間の品質保証付きで試すことができます。今すぐ以下をクリックして、お申込みください。

 最新号の内容は、、、

2015年、中国経済の失速により、株価が大暴落した。中国共産党により人為的に起こされた不動産バブルで中国経済は再浮上したかのように思われたが、そのバブル崩壊も時間の問題と言われている。

また、人民元安に歯止めがかからず、当局による人民元買い(外貨準備の取り崩し)によって、かろうじて暴落を防いでいるという状態だ。外貨準備が尽きれば、一気に人民元が暴落し、通貨危機に陥る可能性も指摘されている。

そんな中、南シナ海への軍事進出の手は緩めることなく進められているが、アメリカがトランプ政権になり、様相が変わってきている。アメリカ側から「南シナ海を一国支配から防衛する」という発言が飛び出したのだ。具体的には、中国が九段線の実効支配を進めれば、海上封鎖もあり得るという。そうなればもはや武力衝突は避けられない。

「爆買い」などと浮かれていた時代はとうに過ぎ去り、いまや通貨危機や武力衝突まで囁かれる状況となっているのだ。しかし、三橋貴明は「そもそも中国がこれほどまでに力を付けてしまったのは、日本にもおおいに原因がある」と語る。それはどのようなことなのか。また、混沌とする東アジア情勢の中、日本はどのような道を進むべきなのか。

政治家のみならず、私たち日本国民すべてが真剣に向き合うべき問題である。

最新号

中国危機2017〜いまこそ有事に備えよ


※このテーマの音声が聞けるのは3/9(木)のお申込みまで

今すぐお試しする
クレジットカード
キャンセルされずに継続すると、保証期間終了後に自動的に正規会員になります。保証期間中にキャンセルすれば、料金はお返しします。またデジタル商品のため、返品の必要はございません。
2015-02-02 09:15:31  30days_1980_tax.jpg             
 
お客様の声
※感想は各個人の意見です。内容を保証するものではありません。

 

2015年、中国経済の失速により、株価が大暴落した。中国共産党により人為的に起こされた不動産バブルで中国経済は再浮上したかのように思われたが、そのバブル崩壊も時間の問題と言われている。

また、人民元安に歯止めがかからず、当局による人民元買い(外貨準備の取り崩し)によって、かろうじて暴落を防いでいるという状態だ。外貨準備が尽きれば、一気に人民元が暴落し、通貨危機に陥る可能性も指摘されている。


そんな中、南シナ海への軍事進出の手は緩めることなく進められているが、アメリカがトランプ政権になり、様相が変わってきている。アメリカ側から「南シナ海を一国支配から防衛する」という発言が飛び出したのだ。具体的には、中国が九段線の実効支配を進めれば、海上封鎖もあり得るという。そうなればもはや武力衝突は避けられない。


「爆買い」などと浮かれていた時代はとうに過ぎ去り、いまや通貨危機や武力衝突まで囁かれる状況となっているのだ。しかし、三橋貴明は「そもそも中国がこれほどまでに力を付けてしまったのは、日本にもおおいに原因がある」と語る。それはどのようなことなのか。また、混沌とする東アジア情勢の中、日本はどのような道を進むべきなのか。


政治家のみならず、私たち日本国民すべてが真剣に向き合うべき問題である。

最新号

中国危機2017〜いまこそ有事に備えよ


※このテーマの音声が聞けるのは3/9(木)のお申込みまで

今すぐお試しする
クレジットカード
キャンセルされずに継続すると、保証期間終了後に自動的に正規会員になります。保証期間中にキャンセルすれば、料金はお返しします。またデジタル商品のため、返品の必要はございません。
2015-02-02 09:15:31  30days_1980_tax.jpg